ネットビジネス

美容師は髪を切る練習よりマーケティングを学ぶべき

こんにちは、タクです。

 

今日は、美容師について話していきたいと思います。

 

美容師って
人の髪を切るお仕事ですよね。

 

人はほっとけば髪の毛がどんどん長くなっていくので
定期的に美容院に行って散髪する必要があります。

自分で髪を切ったり親が切ってくれる
って人もいるかもしれませんが、
だいたいの人は美容院とか床屋に行って切りますよね。

 

だから、美容師には需要があります。

 

でも、美容院って
周りを見渡せばいくつもあると思います。

 

僕はけっこう田舎のところ住んでるんですが、
それでも周りに2、3店舗あります。

 

最近、美容師の数が
どんどん増えてるので、
ここにもあそこにも美容院が並んでいます。

要はライバルがたくさんいるんですよね。

 

そんななかで普通にやってたら、
ライバルに埋もれていって
全然稼げずに潰れてしまいます。

他の店と同じように
普通の値段で普通に髪を切っていては、
お客さんを集めることはできません。

髪を切る練習をしても稼げない

美容師の多くが間違ってることがあって、
美容師は髪を切る練習をしてればいいっていうのは
大きな間違いです。

 

確かに美容師は
お客さんの髪を切って満足させる仕事かもしれないけど、
いくら髪を切る練習をして上達したとしても
素人の目からしたら
うまいのかどうかわかんないですよね。

 

これっていうのは、例えると
数学のテストで90点取ってる人がいたとします。

で、さらに100点を目指そうとするみたいなことです。

 

周りからしたら90点取れるだけで十分なのに、
そこから5点、10点上がったところで
そこまで変わらないと思います。

それよりも、
他の社会とか国語で90点目指したほうが
全体の点数は上がります。

 

 

美容師も同じで、
髪を切ることはそこそこ十分なんです。

それ以上伸ばしたところで
僕らからしたらそこまでわかんないんですよね。

 

だから、僕は逆に
美容師は髪を切る練習をしないほうがいいと思ってます。

 

 

じゃあ、他に何をすればいいかと言うと、
マーケティングを学べばいいんです。

 

美容師だからビジネスは学ばなくていいってことじゃなくて
お店を出すならビジネスを学ぶのは必須です。

だってビジネス学ばなきゃ稼げないですからね。

 

いくら髪を切る練習をしても
お客さんが来なかったら、
稼げずに潰れていくだけです。

 

だから、
どうやったら人が集まるのか
お客さんを満足させるには何をしたりいのか
リピーターを作るにはどうしたらいいのか

っていうのを
ちゃと考えないといけません。

集客からリピーターを獲得する一連の流れを
マーケティングって言います。

 

でも、これをやってないところが多すぎるということです。

美容院の価格問題

それが一番目立つのが、料金です。

美容院で髪を切ってもらうと
だいたいどれくらいお金かかりますか?

 

3000円とか高いところで5000円くらいですかね。

 

でも、よく考えてみてください。

 

QBハウスって1000円ですよね。

このQBハウスがある限り、
髪を切ることに対しての価格は1000円です。

 

何か特別なことをしてなくて、
ただ髪を切るだけだったら
1000円より高くしちゃいけないわけです。

 

でも、そこら辺の美容院って
普通に3000円とか取ってますよね。

そこに何か理由があるならいいけど、
何で3000円なの?って聞いても
なんとなくと答える美容師がほとんどです。

 

3000円取るなら
3000円取るだけの理由がないと
ほんとは取れないです。

 

髪を切る以外のサービスとか
何か特別なことをやったりして
付加価値を付けることができればいいんです。

 

この付加価値ってなんだってわけです。

例えば、オシャレな雰囲気を出してみたり
無料でコーヒーを提供したりして
場の空気感を楽しんでもらうっていうのも
十分価値になります。

 

あとは髪型の提案をしてみたりとか。

「今日はどんな髪型にしますか?」って聞くんじゃなくて、

「今日のおすすめはこんな感じです」って言って雑誌を見せたり、
「~さんはこんな髪型似合うと思うんですよ」という風な
提案をすることでお客さんの満足度は上がります。

 

そうやって提案されたら、
あ、じゃあそうしようかなぁってなって
で、新しい髪型になったら
ちょっとウキウキするし、
このお店に切ってもらって良かったなと思うわけです。

これだけでお店の価値は上がります。

 

そうやって色々考えていくだけで全然良くなるし、
他のライバルとの差別化になります。

 

他のお店にはない”何か”をやることで
自分のお店を選んでもらう理由になるわけです。

 

そういうのを作ることで
人が集まるようになり、
またこのお店に行きたいと思ってくれるようになり
結果、収入が伸びるということです。

美容師の仕事は髪を切ることじゃない

もうこれは極論なんですけど、
美容師の仕事は髪を切ることじゃないです。

 

これは色んなビジネスにも言えることです。

飲食店だって
ものすごく美味しい料理が作れる自信があって
食べてくれればわかるっていうところでも、
人が集まらなきゃ誰も食べてくれないわけです。

 

だから、まずは
人を集める
リピーターを作る
このやり方を学ぶことがめちゃくちゃ大事です。

 

そのためには何をすればいいのかを
考えないといけません。

 

髪を切る練習をすることなのか。
美味しい料理を作ることなのか。

 

違いますよね。

やっぱりどんな業種でも
ビジネスを学ぶ必要があるんです。

 

そこを徹底的に学んだ人は
どんなところにいっても稼げるんですよね。

それがビジネスの本質だからです。

 

 

ちなみに、
僕のメルマガではビジネスの本質について
かなり具体的なところまで話してます。

無料なので良かったら登録して読んでみてください。

メルマガを読んでみる

 

 

それでは。