ブログ

ブログはSEOを意識する必要はない。ただアクセスを集めても意味ないんだよね

どうも、タクです。

 

ブログをやってると、
SEO対策とか検索エンジンっていう言葉を
たくさん聞くと思います。

確かにブログは検索エンジンの上位にいけば
アクセスはたくさん集まってくるし、
広告を出してるならクリック数が増えるかもしれないですよね。

 

だから、ブログ記事を書くときは
SEOを意識して書くといいよーとか、
SEO対策は絶対するべきだよとかっていうことをよく言われます。

でも、これは半分合ってて半分間違いです。

 

ブログをやるとなると
アクセス数を増やすことに目がいきがちなんですが、
それよりも大事なことがあります。

 

それは何かって言うと、
自分に興味を持ってくれるコンテンツを作ることです。

特に最初はアクセス数なんてどうでもいいです。

まずやるべきなのは、
自分に興味を持ってもらうことなんです。

 

それを説明するのに、
アクセスを最大限収益に変える
という考え方を理解する必要があるので、
ステップを踏みながらわかりやすく説明していきますね。

 

今回話すのは
ビジネスでほんとに大事な部分ばかりなので、
何回も読み直すといいと思います。

 

正直、この記事だけで
ブログで稼ぐことにはかなり詳しくなれるし
これを人に教えるだけでお金をもらえるレベルの内容です笑

ブログをやる目的ってなに?

まずこれを確認してほしいです。

 

僕らがブログをやる目的って何なのでしょうか。

アクセスを集めることなのか
広告をクリックしてくれることなのか
自分の文章力を上げるためなのか

 

目的は色々あると思いますが、
ビジネスとしてブログをやる場合なら
収益を上げることが目的だと思います。

ブログを使ってできるだけ多くの収益を発生させたい。
ブログだけで食べていけるようになりたい。

 

 

じゃあ、そのためにやるべきことって
「アクセスを増やすこと」ですかね?

 

確かにそれも1つの答えなんですが、
もう1つ忘れてはいけないものがあります。

それは「アクセスを最大限収益に変えること」です。

これを考えていない人が多いです。

 

アクセスを集めることはちゃんと考えてるけど、
そのアクセスをどうやったら大きな収益につなげるのかっていうところを
ちゃんと考えてる人はほとんどいないです。

その典型的な例が、
アドセンスなどの広告で稼いでる人です。

 

ブロガーとかって
広告で稼ぐイメージが強いんですけど、
広告ってまず稼げないです。

あれって報酬めちゃめちゃ少ないですからね。

 

ブログ広告で稼ぐことに関しては
別の記事で詳しく話してるので、
そちらを読んでいただければ
僕の言いたいことがわかると思います。

ブログに広告を貼って稼ぐやり方はブラック企業と同じくらい大変。どうも、タクです。 ブログをやってる人って 最近増えてきてます。 Twitterのアカウントとかでも 初心者ブロガーみたいな...

 

 

よくあることなんですけど、
ずっと同じ作業をやってると
何のためにやるのかっていうのを見失ってしまうんですよね。

 

だから、何のためにブログをやるのかということを
何回も確認してほしいんですよね。

 

僕も毎日とは言わないんですけど、
2日に1回くらいはそういうのを確認します。

それでも、たまに目的を見失うことはあります。

 

人ってそんなもんなんですよね。

この目標を達成するために今これをやろう!
って思ってもすぐに目的を見失っちゃう生き物です。

 

だから、何度も何度も目的を確認することが大事なんです。

 

ビジネスでブログをやる場合は、
収益を最大化することですよね。

ただアクセスを集めるのは、
穴の開いたざるに水を流し込むのと同じ

「穴の開いたざるに水を流し込む」
という例えを使うとわかりやすいと思うんですけど、
水がアクセスで
ざるが収益を上げる仕組みです。

 

収益を上げる仕組みっていうのは、
広告収入で稼ぐなら広告
メルマガで収益を上げるならメルマガ
といったようなものです。

 

穴の開いたざるっていうのは、
収益を上げる仕組みが弱いってことですね。

アクセスを集めてもそこまで収益が荒がらないような仕組みのことです。

 

この穴の開いたざるで
いくら水を流し込んだとしても、
水はポタポタと下に落ちていって
ざるには水がほとんど溜まりません。

 

 

これと同じで、
ちゃんと収益が上がる仕組みを作れていないのに
そこにアクセスを流し込んでも
全然収益にはつながりません。

流し込んだ分だけアクセスは漏れていきます。

 

だから、水を受け止める”ざる”を強くしないことには
収益にはほとんどつながらないです。

 

だから、ざるの穴をふさぐこと、
つまり、アクセスを最大限収益に変える仕組みを作ること
ブログでまずやるべきことなんです。

アクセスを最大限収益に変える仕組みとは

さっきは、広告は稼げないということを話しました。

 

じゃあ次は、何をすれば稼げるのかということですよね。

これはもう答えは1つなんですが、
「リスト」を取ることです。

リストマーケティングと言われるやつですね。

 

リストっていうのは
メールアドレスとか住所とかいった
個人を特定できる情報のことです。

 

例えば、洋服屋さんとかで買い物して
お会計するときに、
「無料で会員登録すれば何%OFFですよ」
とかって言われたことはありませんか?

 

これって一見すると、
無料で登録するだけで割引になるから
こっちにしかメリットないじゃん。

店側は損してるのに何でやってるんだろう?
って思うかもしれないんですが、
これはリストを取ってるんです。

 

会員登録するときに
住所とかメールアドレスとか登録しますよね。

あなたが会員登録をすることによって、
お店側はあなたの個人情報をゲットしてます。

 

そうすると何がいいかと言うと、
お店側からアプローチできるわけです。

登録してくれた住所にはがきを送ったり、
メールでこんな商品おすすめですよ、と送ったり
どんどんお店側から発信していけるんです。

 

で、それを見て
あ、この商品良いなと思ってまた買いに来てくれる。

結果、お店側のほうが儲かるといったような仕組みです。

 

 

だから、リストを取ることがすごく重要だし、
儲かってるビジネスっていうのはみんなリストを取ってます。

 

僕らがやるべきなのは、
集まってきたアクセスをリストに換えるということです。

それが収益を最大化にする方法です。

 

これ話すときりがないんで、
もっと詳しい話を聞きたかったら
僕のメルマガを読んでみてください。

 

あ、これもリスト取りですね笑

自分のファンになってもらうコンテンツを作る

ここからやっと、
自分に興味を持ってくれるコンテンツを作る
という話に入っていきます。

やっとですね笑

 

これまでのリストを取るとか
収益を最大化するっていうことがわかってないと、
理解が薄くなってしまうのでね。

 

なんとなくわかる、じゃなくて
完全に理解してもらいから、
ちゃんと1から説明していってます。

 

 

で、リストを取ることが大事なんですけど、
リストを取るためには自分に興味を持ってもらう必要があります。

 

さっきの洋服屋さんの例で、
何で会員登録するかって言うと
割引があるからっていうのあるんですが、
「またこのお店に来る可能性があるから」
会員登録するんですよね。

だって、このお店はもう行かなないだろうなってところに
会員登録はしないですよね。

 

だから、会員登録する場合は
少なからずそのお店に対して興味を持ってるということです。

会員登録してくれる人は、
洋服のデザインが好みだとか
安くて良いとか
店員さんが良い人ばかりだとか
そういった感じで
お店に対して必ず何らかの好意を抱いています。

 

 

これはブログでも同じで、
ブログを読んでくれた人が
自分に興味を持ってもらえないと
リストを取ることはできません。

 

自分に興味を持ってもらえる
ブログを読んだ人が自分のファンになってもらえる

そんなブログを作る必要があるわけです。

SEOを意識した記事でファンは作れない

じゃあ、SEOを意識した記事を書いて
ファンは作れるかっていうと、作れません。

 

SEOを意識すると、
だんだん辞書とか大学のレポートよりの文章になってしまうんですよね。

辞書とか大学のレポートとかって読みたいと思いますか?

 

僕は全く思わないです笑

 

ああいうのって、
ただの言葉の説明しかしてなかったり
長ったるくて堅い文章とか難しい言葉を書き連ねたりして
読む人の気力を失せさせます。

 

僕もよくネットで検索して色々調べたりするんですけど、
画面一面が長った類文章で埋め尽くされていて
うわ、これは無理だと思ってすぐに閉じたりすることがあります。

そういう記事を書いたところで、
自分に興味をもってないし
メールアドレスの登録もしてくれません。

 

SEOを意識しているってことは
そういう文章を書いているってことです。

役に立つけどつまらない

これがSEOを意識した記事の特徴です。

 

 

記事を読んでもらっても、
役に立ったよ、ありがとう。じゃあ帰るね。
という感じでいなくなってしまいます。

面白いという要素が必要

文章を書くときに大事なのは、
面白いという要素です。

 

これ知っておかなきゃいけないんですけど、
文章は面白くなければ読まれないんです。

 

本を読むときだって、
難しい哲学書とか読みたくないですよね。

それよりも小説とかのほうが読みやすいし面白いから読みますよね。

 

 

文章を面白く書くには、
自分の経験だったり感じたこととかをもとに
ストーリーで話していくことが大切です。

 

 

例えば、
「ブログで稼ぐ方法」っという内容の記事を書くとします。

 

「ブログで稼ぐには~と~という方法があって、
それぞれメリットとデメリットを紹介していくと…」
という説明だけで書かれているものと、

「ブログで稼ぐ方法って色々あるんですよね。
僕も最初は全然わかんなくて困ってたんですよ笑
でも、この稼ぎ方を知ってからまじで一気に収入上がっていきました。
それを今回紹介していきますねー。」
っていう書き方では
どっちが読みたいと思いますか?

 

僕は絶対に後者を選びます。

だって、後者のほうが面白そうだから。

 

自分の失敗談を語ったり
経験をもとに伝えたりとか、
あとは友達に話すような感じで文章を書くと
面白くて読まれる文章になります。

 

役に立つだけじゃなくて、
面白くて役に立つ

これが重要です。

 

面白いし役に立つなって思ったら
絶対自分に興味持ってくれますよ。

 

 

だから、SEOとか意識する必要はなくて、
どうやったら面白く読んでもらえるのか
どうやったら自分に興味を持ってもらえるのか
というところを意識したほうが何倍も効果があります。

 

文章の本質は面白いことですからね。

面白くなければ読まれないということを
覚えておいてもらいたいと思います。

 

 

ということで、
色々書いていったんですが
どれも大事な部分で
どれも欠かすことができない要素です。

 

繰り返し読んでもらって、
自分のなかに取り込んでもらえたらなと思います。

 

 

それでは!