ネットビジネス

【完結編】ビジネスのコミュニティ作りはこれをおさえよう

どうも、タクです。

 

最近、コミュニティ作りについて学んでるんですが
これ大事だなぁって思うことがたくさんありました。

なので、今回はコミュニティ作りについて話していきたいと思います。

 

ビジネスでもそうだし
他のどんなことでも
コミュニティを作るってことはものすごく大事なことです。

 

コミュニティって言葉を聞くと
あまりイメージしづらいかもしれません。

和訳すると「共同体」ってことなんですが、
わかりやすく言うと
みんなで1つのところに集まったり
話し合ったりできる場所とか空間のことです。

 

世の中のものはほとんどコミュニティでできています。

 

身近なもので言えば、
家族もコミュニティだし
学校とか職場とか
もっと広くしていくと国というのもコミュニティです。

もっと言うと、
今このブログを読んでくれているあなたと
ブログで発信している僕との間でもコミュニティができています。

 

誰かとちょっとでも関係を持てば
そこにはコミュニティができているということです。

コミュニティの役割

で、コミュニティっていうのは
ただ存在してるだけじゃなくて、
ちゃんと役割があります。

 

じゃあコミュニティの役割はというと、
新しい価値観を作ることです。

 

多くの人が今までそうだと思い込んでいたこと
全然知らなかったこと
物事の本質をとらえるようなこととかを伝えてあげると、
その人のものの考え方や見方が変わります。

 

例えば、歴史のことをまったく知らなかった人に
歴史の知識を付けてあげることで、
その人は歴史という新しいものの見方が付いて
映画を観たときとかに
映画の中の出来事の歴史的背景が見えるようになってきたりします。

 

歴史を学ぶことで新しいフィルターができるんです。

フィルター=価値観
ということですね。

フィルターをどんどん増やしていくことで
物事をいろんな角度で見ることができて、
その人の世界が広がります。

 

そうすると、
世界っていうのはもっともっと面白くなっていきます。

映画を観るにしても、
何の知識もないまま観るよりも
歴史とか心理学とかビジネスとか恋愛とか
たくさんのものの見方ができたほうが
より映画を楽しむことができると思います。

 

つまり、価値観を広げてあげることっていうのは
ものすごく価値があるんです。

 

 

何か新しくコミュニティを作る場合には
コミュニティに入ってくれた人の価値観を広げてあげる
これが大切です。

 

学校というコミュニティでは
常識や人とのかかわかたを教わって、
家族というコミュニティでは
人生そのものを教わり、
誰かのブログやメルマガを読むと
今までの価値観が壊されて新しい価値観が生まれる。

 

こんな感じで、
コミュニティは価値観を提供する場です。

多くの人は集合的無意識にとらわれている

いきなり変な絵が出てきてびっくりしたかもしれませんが、
この絵について質問をします。

この2つの絵の片方にはブーバ、もう片方にはキキ
という名前が付いてます。

どっちがブーバでどっちがキキだと思いますか?

ちょっと考えてみてください。

 

・・・・・

 

どうですかね。

おそらく左側をキキ、右側をブーバにしたんじゃないかと思います。

ほとんどの人がそう答えます。

これを実験で行ったところ、
日本人だけじゃなくて
世界中の人から同じ答えが返ってきたそうです。

 

ブーバの方がちょっと丸っぽくて
キキは尖ったイメージを持ったんじゃないでしょうか。

 

こういう風に、
人には共通した意識があります。

これを集合的無意識と言います。

多くの人が潜在的に持っている価値観です。

 

これは一見すると
悪いものには見えないんですが、
僕らの考えや行動に制限をかけてしまう場合があります。

 

気付かないうちに集合的無意識の影響を受けていたり
自分が正しいと思ってたものが
実は正しくなかったりっていうことがあります。

 

例えば、
僕は小中高と自分で考えることをまったくしていませんでした。

周りの大人に言われたことをやっていれば
正しい道に行けて良い人生が送れるのだと思っていました。

クラスの友達を見ても
みんなそんな感じだったので、
何も疑問を持たなかったです。

 

でも、これって違うじゃないですか。

自分の人生は自分で考えて決めていくべきですよね。

 

集合的無意識の考え方にとらわれてしまうと、
正しい選択ができなくて
人生を台無しにしてしまうことがあります。

 

それを、コミュニティに入ることで
集合的無意識から抜け出すことができて
正しい価値観とか考え方が身に付いていくわけです。

正しいコミュニティの作り方

これまでの話を踏まえて、
どうやってコミュニティを作っていけばいいか
という話をしていきたいと思います。

 

個人でビジネスをやる場合は、
ブログとかメルマガとかYouTubeとかSNSで
情報発信をしていくときに
かなり役に立つと思います。

共通の理念を打ち立てる

新しい価値観をコミュニティ内で共有するために
共通の理念を打ち立てることが必要になっていきます。

 

このコミュニティではこういう価値観を採用します!
っていうことですね。

 

例えば、
ビジネスの情報発信をするなら
「会社に縛られない自由な生活をする」という理念を打ち立てれば
会社に行くのが辛いとか
仕事が楽しくないっていう人たちが
共感したり新しい価値観を求めて
コミュニティに入ってきてくれます。

この理念に共感すればするほど、
ブログやメルマガを真剣に読んでくれたり
企画に参加してくれたりと
コミュニティに活発に参加してくれる人が出てきます。

 

いかに多くの人の共感が得られて
集合的無意識から抜け出せるような理念を作れるか
コミュニティ作りで大事な部分になっていきます。

自分はコミュニティのリーダーである

コミュニティを作った自分は
理念をもとにコミュニティを引っ張っていくリーダーです。

 

だから、リーダーが道を間違えてしまうと
コミュニティメンバーも変な方向に行ってしまって
コミュニティそのものがダメになってしまいます。

 

理念から外れた行動はしないほうがいいですね。

例えば、自由になろうって言ってたのに
実際はただの労働地獄だったり、
最初は情報発信ビジネスをやろうって言ってたのに
投資もいいよね、転売もいいよねとか
コロコロ意見を変えたり。

そういうことをやってると、
人はどんどん離れていきます。

 

自分が絶対変えることのない理念を1本掲げて
その理念を中心に行動することが重要です。

信頼関係の構築

自分とメンバーとの間に信頼関係を築くことをすべきです。

これはかなり大事な部分です。

 

コミュニティに入るってことは
新しい価値観を取り入れるってことだから、
やっぱり最初は何が正しいのかわからないんですよね。

今まで採用していた価値観を取っ払って
全然知らない価値観に変えるわけですからね。

 

普通だったら
新しい価値観を入れようなんて思わないです。

新しい価値観を採用することってめんどくさいですよ。

今まで採用してきた価値観で生きていたほうが
よっぽど楽に生きていけるのに、
わざわざ新しい価値観を入れることはほとんどないです。

 

思い返してみれば心当たりがあるんじゃないでしょうか。

これやるといいよって友達に言われたのに
素直に受け入れることができないこととか。

 

人は価値観を変えるのがめんどくさいし
違う価値観の意見は聞き入れたくないんです。

 

 

じゃあ、どうすればいいかと言うと
ここで信頼関係を築くっていうのが出てきます。

 

信頼関係を築くとどうなるかと言うと、
この人の言うことだから聞いてみようとか
この人が良いと言ったから大丈夫だろう
という風に、
自分を信頼して付いてきてくれるようになります。

 

まだ新しい価値観が備わってないから
言ってることがよくわからないけど、
とりあえず付いていこうってなるんですね。

これができればほんとに強いです。

コミュニティに入ってくれる人の2つのパターン

で、コミュニティに入ってくれる人は
理念に賛同して入ってきた
自分に興味があって入ってきたかの2パターンです。

 

理念はさっき説明したので省略しますね。

もう1つの、自分に興味があってコミュニティに参加してくれる
っていうのを話していきます。

 

自分という人間に興味を持ったから
その人のコミュニティに入ってみようかなって思って
来てくれる人もたくさんいます。

 

自分に興味を持ってもらうためには
ストーリーを使うのが有効的ですね。

 

例えば、自分は過去にこういうことがあって
こんな苦難を乗り越えて
今こうして成功できている、
とかっていうストーリーを発信すると
同じような過去を過ごしてきた人に刺さるんですよね。

そういうストーリーを作ると、
僕もそうなりたいとか
私もあなたのような人間になりたいですっていう人が出てきます。

 

ストーリーについては別の記事でも話してるので
良かったら読んでみてください。

映画「カイジ」から学ぶストーリーの面白さどうも、タクです。 カイジって面白いですよね。 藤原竜也さんが主演で 映画にもなった人気のやつです。 ...

 

 

という感じで
理念に賛同してコミュニティに入ってくれる人、
自分に興味があってコミュニティに入ってくれる人の
2パターンがあります。

まとめ

けっこう長かったと思いますが、
まとめると

・コミュニティはそこら中にある
・コミュニティの役割は新しい価値観を作ること
・多くの人は集合的無意識にとらわれている
・集合的無意識は自分を邪魔することがある
・集合的無意識から抜け出すためにコミュニティがある

 

正しいコミュニティ作り
・共通の理念を打ち立てる
・自分はコミュニティのリーダーである
・信頼関係を構築する
・コミュニティに入ってくれる人は
理念に賛同したか自分に興味を持ったかの2パターン

 

 

こんな感じで!

それでは!