マインド

努力逆転の法則を無視して欲しい結果を自分のものにする方法

こんにちは、タクです。

 

僕は昔から負けず嫌いで
勝負事に負けるのがすごく嫌でした。

 

それで、小さい頃からよく勝負事をしてたのですが、
思い返してみると
「努力逆転の法則」にかなりやられてたなと思います。

努力逆転の法則に負けた剣道の話

努力逆転の法則っていうのは
「想像力は意志力を超える」というものです。

 

分かりやすく言うと、
そうなりたいと思うほど反対の結果になってしまうというものです。

 

例えば、スポーツで地区大会に出て
絶対優勝する!って思ったら
肩に力が入って実力の半分も出せなかったみたいな。

他にも、勉強しようと思えば思うほどやる気をなくしたり。

 

そんな経験をしたことは必ずあると思います。

 

僕も、これまで何十回と
努力逆転の法則にやられてきました。

 

僕は、幼稚園から剣道をやってるんですけど、
小学6年のときに初めて県大会に出ました。

今までは地区大会とか道場同士の試合とかばかりで
大きな大会に出たことがほとんどなかったです。

だから、初めての大きな大会で
緊張しながらも絶対勝つぞ!入賞するぞ!
という強い気持ちを持って試合に臨みました。

 

だけど、結果は1回戦敗退という最悪の結末でした。

そんなに強くない相手なのに
自分の実力が出せずに終わってしまったんですね。

意志力<想像力

これは、勝ちたいと思えば思うほど
逆に負けるというイメージをしてしまうんです。

 

試合なので相手が強くて負けるかもしれない
と思うことは当然のことです。

いくら強い人でも負けることはあります。

だからと言って、
負けるかもしれないという気持ちをなくすために
絶対優勝するんだ!って思うようにすると
心の底にある負けるかもしれないが強くなっていきます。

 

優勝したい(意志力)<負けるかもしれない(想像力)
という状態になるんです。

 

想像力っていうのは
意志力の反対のことをイメージすることです。

 

好きな子に告白したいという意志力があったら、
その反対にフラれたらどうしようというイメージが作り上げられます。

更に強い意志で告白したいと思うんだけど
そうするとフラれるかもというイメージもどんどん膨らんでいきます。

 

その結果、告白してもどうせフラれるからって
諦めてしまったりするんですよね。

 

努力逆転の法則がある限り、
いくら意志力を高めたところで
想像力が勝ってしまうことになります。

潜在意識を変える

想像力というのは潜在意識です。

 

何かをしたいと思ったら
その裏では、どうせ俺は・・・
みたいに考えてしまいます。

試合に勝ちたい!
…でもどうせ負けるんじゃないの・・・
っていう感じです。

 

心の底にある
あまり表に出てこない感情のことです。

多くの人は気付かないんだけど、
僕らは潜在意識に大きく影響されています。

気付かないうちに
潜在意識が働いているんですね。

 

だから、潜在意識を変えることができれば
自ずといい結果が出るようになります。

努力すれば報われるようになって
試合に出ても勝てるようになります。

 

じゃあ、どうやって潜在意識を変えるのかって言うと

・努力をしまくる
・目的を変える
・言葉を変える

この3つの方法があります。

 

それぞれ説明していきますね。

努力をしまくる

これができれば意志力なんていうものはいらなくなります。

 

意志力っていうのは
ダメかもしれないというマイナスのイメージがあるから
それに打ち勝とうとして強くなっていきます。

 

だったら、努力をしまくって
俺はもう大丈夫だ。どんな奴がきても負けない。
みたいな状態にすればいいわけです。

めちゃくちゃ努力をすれば
「こんだけ頑張ったんだからいけるだろ」
という風に自信が出てきます。

 

僕は、小学生のとき
剣道の稽古を人よりしてきた自信がありました。

だから、そこら辺の人には絶対負けないと思ってたし
勝てて当たり前だって思ってました。

 

勝ちたいっていう意志力がなくても
普通に勝てるだろうって思ってたので、
努力逆転の法則が発動しませんでした。
(県大会のときはバリバリ発動してました)

 

努力をしまくって自分に自信を付けることで
余裕が生まれて自分の実力が出せるようになります。

努力することで
潜在意識を勝てて当たり前のレベルに持っていくということですね。

 

ビジネスなら
これだけやってきたんだから月収100万くらいいくよな
という状態を作れればちゃんと到達できます。

目的を変える

そもそも目的を変えちゃうパターンです。

 

僕は、高校時代に剣道部に入っていたんですが、
そこの剣道部は人数がめちゃくちゃ少なくて
一時期2人でやってたこともあります。

練習もほとんどせずに
ダラダラと過ごしていたんですね。

大会があったら
試合は真面目にやるんですが、
そんなに勝ちたいとは思わず
楽しくやれればいいやって感じでした。

 

そんな感じで県大会に出ました。

真面目に剣道をやってたときは
1回戦2回戦くらいで負けてたのですが、
そのときは5回戦まで勝ち上がって
ベスト32になったんですね。

しかも、2年連続でベスト32です。

 

そんなすごくない結果かもしれないけど
いつも1回戦とかで負けてたのと比べると
かなりの結果です。

 

当時は、何でだろうって思ってたんですけど
今考えてみると
あ、だから勝てたのかと思いました。

 

そこそこ練習してきたら、
頑張ってきたんだから試合に負けたくない
と思うようになります。

そうすると、変に力んでしまって
実力が出せなくなってしまいます。

 

でも、楽しければいいやっていう気持ちでやると
変に力むこともなく、普段通りの実力を出すことができます。

 

僕のこの例を聞くと、
努力をするなっていう風に聞こえるかもしれないけど
そうじゃなくて
目的を試合に勝つことから試合を楽しむことに変えると
努力逆転の法則が働かないので
良い結果が出るということです。

 

勝つために試合をやるのではなく
楽しむためにやってみるといいです。

ビジネスでも同じで、
お金を稼ぎたいからビジネスをやることも大事なんですが
それと同じくらいビジネスを楽しむことが重要です。

言葉を変える

これが潜在意識を変える1番簡単な方法です。

 

あなたが言う言葉を変える。

 

例えば、仕事やバイトが終わって家に帰って

疲れた・・・
ねむい・・・
つらい・・・

みたいな言葉を言ってしまうと
自分もどんどん落ち込んでいってしまいます。

 

潜在意識の方もどんどん悪いイメージになっていきます。

 

だから、僕はネガティブな言葉をできるだけ言わないようにしていて
その代わりにポジティブな言葉を言うようにしてます。

嘘だと思うかもしれないんですが、
これをやるだけでほんとに変わりますよ。

 

僕もたまに「疲れた」とか言っちゃうけど、
その後に必ず「いや、疲れてない!」と言うようにしてます笑

 

あとは、僕は稼げる人間なんだ
月収100万だって普通にいけるとか
毎日のようにブツブツ言ったり
心の中で思ったりしてます。

 

 

それともう1つなんですが、
受け取る情報も大事です。

悪い情報ばかり受け取ると
自分の考えもどんどんネガティブになってしまいます。

 

だから、僕はテレビのニュースとかほとんど見ないです。

テレビって交通事故とか事件とかばかりじゃないですか。

 

そういうのはなるべくみないようにして
代わりに元気が出る言葉を聞いたりするようにしてます。

努力逆転の法則のまとめ

まとめると、

努力逆転の法則は、意志力<想像力

 

潜在意識を変える方法は
努力をしまくる
目的を変える
言葉を変える
ポジティブな情報を受け取る

 

これをすることによって
望んだ結果が得られるようになります。

 

努力逆転の法則は
どこかで必ず自分を邪魔してきます。

これを知ってるだけでも
かなり有利になれると思います。