ブログ

YouTubeのガチ勢とエンジョイ勢から学ぶターゲット選定の重要性

どうも、タクです。

 

YouTubeってみんなよく見ますよね。

毎日見てる人も多いだろうし、
もう多くの人の生活の一部になっています。

 

料理系の動画を見て
料理の勉強をする人もいれば、
メイク術を学んだり
あとは、ゲーム実況を楽しんだり。

色んな人が色んな理由で
YouTubeを見るし、
YouTuberとして動画を投稿する人も増えてきました。

 

もうテレビよりもYouTubeのほうが熱いですよね。

テレビタレントも
こぞってYouTubeに参戦してきて、
YouTubeはこれからもどんどん伸びていくと思います。

 

 

そんなYouTubeなんですが、
今回はガチ勢とエンジョイ勢から学べることを話していきます。

ガチ勢とエンジョイ勢

ゲーム実況では、
本気でゲームをプレイして
大会にも出場するような
ゲームの上手さを競う「ガチ勢」と、

上手さは気にせずに
ただゲームを楽しむ「エンジョイ勢」という人たちがいます。

 

ゲーム実況はこの2パターンに分かれるんじゃないかなと。

 

ガチ勢は上手さを売りにして、
スーパープレイを見せたり
わかりやすい解説動画を上げる人が多いです。

そして、エンジョイ勢は
いかにゲームを楽しく見せるかが大事で、
色んなルールを作ってゲームをプレイして
新しいゲームの遊び方を提供したり、
実況を交えながら面白おかしい動画を上げています。

 

この2つの違いは、
価値を提供するものの違いです。

 

人は、YouTubeを見るときには
何らかの理由を持って見ます。

YouTubeを見たくないのに見るなんてことはないですよね。

見たいから見るわけです。

 

暇だから、YouTube開いて
適当にスクロールしながら動画探してたってときでも、
目に留まる動画ありますよね。

あ、この動画見てみたいっていう感じで。

 

じゃあ人がYouTubeを見る理由っていうのは、
「面白いから」か「勉強になるから」の2つからなんですよね。

他にも理由はあるかもしれませんが、
だいたいこのどちらかなはずです。

 

ガチ勢、エンジョイ勢で言うと、
ガチ勢の動画を見る人は「勉強になるから」
エンジョイ勢の動画を見る人は「面白いから」
という風にその動画を見る目的が分かれていきます。

この2つはターゲット層が違う

ガチ勢とエンジョイ勢では、
ターゲットが違います。

 

ターゲットって言うのは、
自分の発信を届けたい人のことです。

こういう人に向けて動画を撮りたい!
こういう人に見てほしい!ってことです。

 

で、実際にそのターゲットを意識して発信していけば、
同じような人が集まっていきます。

 

僕も、ビジネス系の情報発信をしていて、
ビジネス初心者がターゲットなので
僕の発信を見てくれる人はビジネス初心者が多めです。

他にも、錦織圭選手がYouTubeを始めて
テニスの動画を上げれば、
テニスを上手くなりたいっていう人が見に来ますよね。

 

そんな感じで、
ターゲットを意識して発信をしていくことで
ターゲットに合った人が見に来てくれるわけです。

ターゲットを決めていないと、
あっちいったりこっちいったりの情報発信になってしまって
ファンも作りにくいし動画の再生数も伸びないです。

この方向で決めたらこれだけを意識する!
っていう感じでやったほうが伸びていくんですよね。

 

僕は、ゲームだとスマブラが好きなので
ガチ勢のザクレイさん、Abadangoさんとか、
エンジョイ勢だとskjビレッジとかを見たりしてます。

その2つの動画を見てたら、
やっぱり動画の内容も
見てる人もそれぞれ違う性質があるなぁと感じました。

 

というか、この記事書こうと思ったのが
スマブラの動画を見たからなんですけどね笑

 

ちなみに、僕は特にskjビレッジが好きなので
skjビレッジについての記事を書いてます。

YouTuber『SKJビレッジ』にハマる人が続出する理由どうも、タクです。 今回は、あるYouTuberの話をしたいと思います。 それは、SKJビレッジというYouTuberです。 ...

良かったら見てみてくださいね。

 

ガチ勢の動画には、
ゲームをもっとうまくなりたい
上手い人を参考にしたいという人が集まって
エンジョイ勢の動画には、
楽しみたいとか
色んな遊び方をを知って楽しくゲームをしたい
という人が集まってきます。

そういったターゲット層を理解するのは
情報発信をする人にとっては必須です。

ターゲットを意識した発信が重要

このターゲットを意識しないで発信していくと、
誰も自分の発信を見てくれないっていう状態に陥ってしまいます。

いっぱい動画上げてるのに
たくさん記事書いてるのに
何故か見に来てくれる人がいない・・・

 

ターゲットを意識してないなら
そりゃそうなるよってことなんですけどね。

だって、ゲーム実況を楽しくやるエンジョイ勢が
いきなり解説動画を撮り出して
ここはこうやるんだよって言っても
誰がその動画に興味を持つの?って話です。

 

解説動画ならガチ勢の人がやってるし、
そういうのはほんとに上手い人がやるべきです。

エンジョイ勢はゲームを楽しむことが大事で、
視聴者もそれを見たいから見に来るわけです。

 

それを無視して解説動画を上げ始めた日には、
チャンネル解除する人も出てくるんじゃないかなと思います。

 

だから、情報発信をするなら、
自分はどういう価値を人に提供できて
こういう人なら集まってくれそうだなっていうのを
ちゃんと考えてそれに沿った発信をしていくべきです。

そういう点で見ると、
よくある雑記ブログとかは
ターゲットを気にせず書いてるので、
人はそんなに集まらないし
集まったとしてもファンに変わることはほとんどないです。

 

何かに特化したブログが強いです。

アクセスも多くなるし
ファンも作りやすくなります。

 

そんな感じですかね。

YouTubeとかもただ見るんじゃなくて、
そういう視点を持ちながら見てみると
色んな学びになると思います。

あと、動画の見過ぎはよくないのでほどほどに笑

夜更かしはもってのほかですよ!!

 

ちゃんと寝ましょう。

それでは。