マインド

いつも勉強してて偉いね、について思ったこと

どうも、タクです。

 

僕は今、毎日勉強をしてます。

ビジネスの勉強だったり
心理学や人生に役立つことだったり
色んな知識をつけています。

 

昔は、ゲームとかテレビとかYouTubeばかりだったんですが、
今はその時間が減り、勉強する時間が増えました。

 

単純に何かを学ぶっていうのが
楽しくなってきて、
知的好奇心であふれているんですよね。

新しい知識を身に付けて
自分がレベルアップしていくのが楽しいです。

 

それに、学んだことを
ブログやメルマガでアウトプットしてるので、
どんどん知識が自分のものになっていきます。

 

ゲームをするより
本を読んだり音声学習するほうが楽しいから
勉強するわけなんですよね。

 

それで、この前友達にこんなこと言われました。

「タクって、いつも勉強してて偉いね。」

 

その友達にとって、
勉強することが偉いことで
毎日勉強してる僕のことがすごいなと思ってたみたいなんです。

 

そして、勉強はできればしたくないと
勉強にマイナスなイメージを抱いていました。

 

まぁ勉強にマイナスなイメージを持ってしまうのは
国の教育のせいなんですけどね。

詳しいことは下の記事に書いてあるので、
興味があれば読んでみてください。

勉強が嫌いというイメージは国の教育によって作られたものだったどうも、タクです。 僕は、ほんの少し前までは 勉強なんて大嫌いと思っていましたが、 今は勉強が大好きです。 毎日本を読んだり...

 

 

とにかく、
その友達は僕が毎日勉強してることをすごいと言ってるし
僕が努力して勉強してるんだと思っています。

 

でも、毎日勉強することは
僕にとって当たり前のことなんですよね。

頑張ろうと思って勉強するのではなく、
漫画を読むのと同じように本を読むし
テレビを観るのと同じように動画を観て勉強します。

 

そこには努力はありません。

 

よく、スポーツとかで成功してる人が
インタビューで「どんな努力をされてきたんですか?」と聞かれると
「大した努力なんてしてませんよ。やれることをやっただけです。」
みたいな回答をすることがあると思います。

 

でもこれってちょっと違くて、
努力をすることが当たり前になって努力を努力と思わなくなったが正しいです。

努力を習慣化することで
努力をすることが当たり前になるんです。

 

毎日素振りを1000本することが当たり前だし
当たり前のように毎日10キロ走るしっていう感じです。

 

だから、周りから見たら努力してるように見えても
本人は努力してる感覚がないわけです。

努力が習慣になってるんです。

 

こういう風に、
当たり前の基準を上げることで
努力を努力と思わなくなり、
周りからは努力してるようなことを
当たり前のようにこなすことができます。

 

これは、何かで成功するためには
1番と言っていいくらい重要なマインドです。

 

毎日勉強することが当たり前
毎日ブログを書くことが当たり前
っていう状態を作れるかどうかで
行動力に大きな差ができます。

 

勉強するのって大変だよなぁ
文章書くのって時間かかるよなぁ
と思いながらやるのと、
これやるの当たり前じゃんと思いながらやるのとでは
全然違いますよね。

 

僕はビジネス初心者の頃から
このマインドを学んでいたので、
月収100万いくのなんて当たり前だよなと思いながら
ビジネスをやってきました。

実際まだ月収100万まではいってないんですが、
こういうマインドを持つことがとても重要です。

 

人って何かをやるときに
難しそうとか自分にできるのかなって感じで
マイナスの感情を抱きやすいです。

 

これ自体は昔からある人間の本能なんでしょうがないです。

狩りをしていた時代は
知らない場所に行くのはものすごく危険だったし
命を落とすことだってありました。

知らないものからは逃げるっていうのが
昔からあるものでした。

 

それが、今の時代にも受け継がれて
人間の本能として残っています。

 

だから人間が生き残れたっていうのはありますけど、
僕らにとってはこの考えはよくないです。

 

新しいことをやれないマインドブロックになってしまっています。

 

このマインドブロックを外して
何でもやってみようって思うことが大事だし、
自分ならできると思うことです。

 

月収100万くらい自分ならできる
毎日勉強するのは当たり前じゃん
っていう感じで、
当たり前の基準を上げることをやってみてください。

 

人はできると思ったことしかできませんからね。

 

いつも勉強してて偉いね、について思ったことでした。