ブログ

剣道のすごいおじいちゃんの話

こんにちは、タクです。

 

僕は幼稚園から高校3年まで
ずっと剣道をやってました。

大学生になってからは全然やってないんですけど、
(たまに道場の試合に出されます)
今日は剣道のすごいおっちゃんの話をしたいと思います。

剣道のすごいおじいちゃん

その人は、僕が通っていた道場の師範で、
60後半くらいの方で7段を持っています。

確か、神奈川県の高齢者の部かなんかで
優勝したりしてました。

だから、けっこう強いと思います。

 

そんな道場の師範なんですけど、
剣道を極めてる人ってすごいですよね。

試合をしてもまず勝てないです。

僕は小さい頃から剣道やってたし
それなりに強い自信がありました。

周りからは「お前才能があるぞ」って言われてました。

 

で、小学生とか中学生のときに負けるのはわかるけど、
高校生になったらさすがに
おじいちゃんには負けないだろって思ってたんですね。

パワーもスピードも完全に上なので、
ゴリ押しでいけば勝てるだろって。

でも、違ったんですね。

やっぱり、つえぇぇぇ。
ってなりました笑

なんかもうすべてを見透かされてる感じがするし
相手の掌の上で転がされてるなーって感じでした。

面を打とうって思っても
隙がないから打ちにいけないし、
しかもすごい威圧があるので
自然と後ろに下がっていってしまうんですね。

空気に押されてるみたいで体が重いんですよ。

 

これ以上後ろには下がれないので、
これ、いったら絶対やられるなと思いながら
どうしようもないので面を打ちにいって
案の定返し技をくらったりよけられたりするんですよね。

 

そんな感じで、いつもやられます。

それで、ボコボコにされた後は
ひたすらかかり稽古をさせられて
ヘトヘトになって終わるっていうのが
いつものパターンです。

 

高校生同士の試合だと
パワーとかスピードとか背の高さとかで
けっこう有利になれたりするんだけど、
次元が上がるとそういうのは関係ないんだ。。。

テクニックやゴリ押しではどうしようもない
何か本質的なものがあるんだと思います。

スポーツは奥が深いですよね。

人間的にもできている

剣道が強い人とか7段、8段の人って
人間的にもすごく出来ている人が多いです。

これは他のスポーツでもそうだし
スポーツだけじゃなくていろんなことに当てはまるんですけど、
何かをとことん突き詰めている人って
魅力的な人ばかりです。

 

その理由として大きいのは
自信なんじゃないかなと思います。

剣道についての知識が豊富だったり
稽古や試合をたくさん経験すると、
自分は剣道ならたいていの人には負けないって思うようになります。

剣道なら自信あるよってなるんです。

それが自分の自信にもつながるんですよね。

 

つまり、自信のある人って
自分の中で何か1つ核になるものを持ってるんです。

核というか信念というかそういうものを持ってます。

それは剣道だったり野球だったり
恋愛だったりビジネスだったり色々あります。

自信がある人はやっぱり魅力的です。

どんなことにも自信を持ってるし
色んな人に尊敬されるようになります。

僕の師範も、
いつも稽古の終わりに整列して
そのときに師範が今日の締めみたいなのを喋って終わるんですが、
その言葉が毎回タメになるし
話に説得力があるし
自信のある喋り方をしてるんですね。

 

この人すごいなぁっていつも思うんですよね。

 

僕も師範のように
魅力的な人間になりたいと思います。

そのために今は
ビジネスの知識を身に付けたり
学んだ知識を活かして行動したりしてます。

そうやって突き詰めていこうかなと。

メルマガでもビジネスの情報発信をしてるので
興味のある人は読んでみてください。

一緒に成長していけたらなと思っています。

メルマガを読んでみる