大学生活

大学の講義は無駄だからといって遊んでいいわけではない

どうも、タクです。

 

「大学の講義は無駄」という言葉をよく聞きます。

 

大学の講義は聞く必要ない
適当に受けてればいい
それよりも自分のやりたいことをやれ、とか
そういったことを想う人はけっこういると思います。

僕もそれに賛成派なんですが、
そこにはちょっと気を付けなきゃいけないことがあります。

 

「講義が無駄だからサボって遊んでいい」
というわけではないということです。

 

 

これについて、
僕の経験をもとにストーリーで伝えていこうと思うので
気楽に読んでみてください。

 

他にも、
大学生向けに色々発信してるので
良かったらこっちのほうも見てみてくださいね。

お金に困っている大学生へ。お金は貯金するより使ったほうが貯まるという事実を知るべきだ
大学の期末レポートが余裕だった話
大学生が実際に起業するってどうなの?おすすめできるのか
大学生活はぼっちでも大丈夫。無理に友達と付き合う必要はない

 

 

話を戻しますが、
実際に僕も大学に入学して感じたことは
無駄な講義が多いなってことです。

こんな授業何の意味もないじゃん・・・
と思うこともありました。

 

その時思ったんですね。

僕は何のために大学に行ってるんだろう?

この疑問がけっこう大きくなっちゃって、
かなり悩んでいました。

 

で、考えた結果、大事なことに気付きました。

受け身の姿勢でいると成長できない

僕は、
「講義を受けてれば何か成長できるのかなー」
って思っていたんですね。

自分の成長を大学に頼っていたわけです。

 

実際、この考え方だと成長はしません。

というより、
どんどん退化していきます。

 

意味のないこととわかっていながら
退屈な授業を受けて、
どんどんセルフイメージが下がっていき
ネガティブになって、
何もやる気が起きなくなって
ちょっとしたことでも疲れるようになって
頭も悪くなっていきます。

 

授業受けてるのに
どんどんダメになっていく・・・。

最悪ですよね。

 

そうじゃなくて、
自分で目標を作って
こうなりたいからこの勉強をするとか
この講義の内容なこんなことに活かせるなぁという風に、
積極的に取り組むことが大事です。

勉強に自分で意味を付けることですね。

 

ただ単位を取るだけだと
つまらないしやる気が出ないので、
勉強に意味を付けることが大事です。

 

とは言っても、
あまり意味のない授業というのは存在します。

わけのわからないことを学んだり
教授の授業がわかりにくすぎたり
こんなの学んで何になるの?
っていう授業はあると思います。

 

じゃあその授業を真面目に受けるのが正解かというと、
僕はそうは思いません。

だって、受けたところで
自分は成長しませんからね。

だから、サボっていい授業はあると思うし、
実際僕もサボってる授業はいくつかあります。

 

ただ、だからと言って、
授業を適当に聞いたり
ゲームしたり遊んだりっていう風な
時間の使い方をするのはよくないです。

 

その時間を使って、
他の自分が興味のある勉強をしたり
何かスキルを身に付けたりして
自分の成長に時間を使うべきです。

 

 

僕が言いたかったのは、
大学の講義は無駄だと言って
てきとうに時間を使うのは違うってことです。

 

それだったら、
大学に行ってる意味もないし
親が払ってくれるお金が無駄になってしまいます。

これこそ一番やっちゃいけないことだと思います。

 

授業をサボるならサボるでいいけど、
その時間をちゃんと有効利用しないと
サボった意味がないですよね。

それができてないなら、
授業を真面目に受けて
真面目に単位を取ってるほうがマシです。

 

そこら辺を考えていかないと、
大学4年間をほんとに無駄にしてしまいます。

大学は何のために行くのか

大学は講義のためだけに行くのではないです。

 

よく、
「お前らこの講義1回で5000円払ってるんだぞー!」
っていう教授とかいると思うんですが、

僕は、学費っていうのは
講義を受けるためだけに払っているとは思いません。

 

大学には色々な事に挑戦できる環境があります。

サークル、部活、大学が提供しているプログラム(留学など)、他の学生との触れ合い…

他にもたくさんあると思いますが、
こういう貴重な経験は大学でしかできません。

 

本来、大学は研究機関で
専門的な勉強するために行くものでしたが、
今は大学に行く目的が変わってきています。

やりたいことを見つけるため
新しい経験をするために
大学に行く人が多いのかなと思います。

 

 

大学生は時間がたくさんあるので、
自分のやりたいことを
思う存分やるのがいいと僕は思います。

 

ただ、さっきも言ったんですが
自分の成長できることに時間を使ったほうがいいです。

遊んでばかりだと成長しないし、
遊んでいるときは楽しくても
終わった後に自己嫌悪とか虚無感に陥ります。

 

こんなことしてていいのかなー
今日何もやってないじゃん・・・みたいな。

 

僕は、後悔したくないので
自分のやりたいこと
成長できることに時間を使っていこうと思います。

 

大学の過ごし方に関して、
別の記事でまた違う視点で話してます。

こっちの記事では
「勉強すること」について詳しく話してるので、
興味があったら読んでみてください。

勉強が嫌いというイメージは国の教育によって作られたものだったどうも、タクです。 僕は、ほんの少し前までは 勉強なんて大嫌いと思っていましたが、 今は勉強が大好きです。 毎日本を読んだり...

 

それでは!