コンテンツビジネス

マッキンゼーの元社員と電話で話して、コンテンツビジネス最強だなと思った

どうも、タクです。

 

マッキンゼーって会社知ってますか?

 

初めて聞いたって人もいると思うんですが、
マッキンゼーって何かって言うと
アメリカのニューヨークに本社があって
世界中に支社を持っているという
世界第1位のコンサル会社です。

日本でも割と知られている会社みたいですね。

 

僕がこの会社を知ったのは最近で、
この前、マッキンゼーの元社員の方と
電話でお話をする機会があったんですね。

Twitterで知り合って、
DMで話してたら電話しましょうっていう流れになって
電話をしたという感じです。

 

僕けっこうTwitterで知り合った人と
電話で話すとかよくやったりしてるんですよね。

情報交換できるし
人と繋がれるからいいなと思ってやってます。

 

で、今回お話した方はマッキンゼーに勤めてたって言ってて
そのときマッキンゼーのことを知らなかったので
へぇーそうなんだって簡単に流してたんですけど、
後々調べてみたら世界第1位のコンサル会社って知って
えぇーってなりました笑

 

 

そのマッキンゼーの元社員の方は
現在ロサンゼルスに住んでいて
世界各国を転々としているそうです。

 

今は社長になって
5つ会社を持っているようなけっこうやり手の人です。

 

で、その方は
マッキンゼーで学んだコンサルなどの知識を活かして
人を育てることに力を入れてたんですね。

人を育てるっていうのは
稼げるようにしてあげることです。

 

ビジネスのやり方をまとめたPDFを渡して
稼げるマーケッターになってもらう。

そしたら、自分の会社の商品を
その人に売りさばいてもらう。

商品の半分の金額を報酬としてあげて
もう半分は自分の会社のお金になる。

 

という感じのビジネスをしていて、
相手にとっても自分にとっても
Win-Winな関係ですよね。

相手も稼げるし自分も稼げる。

 

しかも、
一度相手を育てて
稼げるようにしてしまえば
勝手に会社の商品を売ってくれるようになるので、
何も働かなくても収入が入ってきます。

 

不労所得というやつです。

 

まぁでも、
最初は相手を育てる必要があるし
PDFを渡しただけじゃ稼げるようにならないので、
アフターフォローとかはしているそうですけど
そんな手間ではないみたいです。

会社5個も持ってるのに時間がたっぷりある。

色んな国を飛び回っているのに
僕と電話で1時間す余裕がある。

 

普通の会社員は
1つの会社に勤めるので精いっぱいで
それでもお金がないのに、
この方は
会社を5つ経営してても時間があり、
儲かることができてるのです。

 

この違いっていうのは
仕組みを作っているかどうかです。

自分が働かなくても
収入を得られる仕組みを作ること。

 

つまり、不労所得を作ることです。

 

仕組みを作れば
働かなくても儲かることができて、
仕組みを作らなければ
働き続けるしかないのです。

 

この仕組みを作ることは、
インターネットが普及してから
誰にでもできるようになりました。

ブログやメルマガを使って仕組みを作る。

やっぱりこれが最強かなと。

 

ブログを運営するのも
メルマガを配信するのも
仕組みを作るのも
全部コンテンツで成り立っています。

 

 

誰でも成功できて
不労所得が得られるのは、
たぶんコンテンツビジネスくらいです。

 

はたからみたら
すごい怪しい内容です。

働かなくても収入が得られる(?)

そんなことはないと思う人も思うかもしれないんですが、
これはコンテンツビジネスをやってる人だけが
知っている事実なんですね。

 

儲かるビジネスって
得てして怪しいものです。

 

僕は情報商材とか売ってたりしてるんですが、
情報商材って聞いたら怪しさぷんぷんですよね笑

でもちゃんと人に価値を与えてるし
ちゃんと買ってくれた人が満足してもらえればOKなわけだし、
世の中情報商材っていっぱいあります。

情報には価値がありますからね。

 

 

という感じで、
マッキンゼーの元社員の人と話をして思ったことを
色々書いてみました。

 

結論をもう1回言うと、
コンテンツビジネス最強です。

 

それでは!