悩みがある方へ

自分と他人を比べて落ち込むことにあまり意味はない

どうも、タクです。

 

僕はもともと、自分に自信が無くて
コンプレックスばかり抱いて、
いつも他人と比較しては
自分は何てダメな人間なんだろうと
落ち込んでばかりいました。

だから、人を見るときは
何か欠点はないか、とか
自分が勝ってるところはどこだって探すような
最低な人間だったんですね。

 

口には出さないけど、
関わった人すべてに誹謗中傷してるようなものです。

 

 

そんな僕なんですが、
ビジネスを始めて自分を変えることができて、
今では自信を持って生きているし、
人と比べることはなくなりました。

 

昔の僕がそうであったように、
何かと自分と他人を比べて
自分の出来の悪さに落ち込む人は割といると思います。

 

なので、今回は
他人と比べても意味がないんだよ
他人と比べないためにはこれをすればいいんだよ
ってことを僕の経験をもとに話していきたいと思います。

なぜ他人と比較してしまうのか

他人と自分を比較してしまうのは、
自分の自信の無さが原因だと思います。

 

僕は、人と話すことが苦手だったし
コンプレックスばかり抱いていたので、

周りの人を見て、劣等感を抱いたり
自分より弱い人を見ると
勝ち誇った気分になっていました。

 

自分より優れている人、劣っている人
という風に順位を付けて比べていました。

自分に自信無いから
そういう目でしか人を見れなかったのです。

だから、僕は
自分に自信を付けることで、
他人と比べてしまうという悪いクセを
無くすことができました。

自分の成長だけに目を向けよう

自分に自信を付けるって、
どうやればいいの?って思うかもしれません。

 

自分に自信を付けるためには
自分の成長だけに目を向けることです。

だって、
他人と比べていては
いつまで経っても成長しないんですよ。

 

他人と比べるってことは
あいつにはここで勝ってる、ここは負けてる
みたいに考えてることです。

これは自分の成長に目を向けられていないので、
いつまで経っても自分は変わらないし
これからもずっと他人と比べて生きていく事になります。

 

それじゃ良くなくて、
自分はどうやったら変わることができて、
どうやったら成長できるのかを考えることが大事です。

そうすれば、
自分は成長して、自信が付くし
他人と比べることなんて考えなくなります。

 

極端を言うと、
「他人なんてどうでもいいんだ」
っていうことです。

周りと同じこをしなくていい

よく、みんなと同じことをしよう
とか言う人がいますが、それは違います。

みんなと同じことをしなくていいです。

 

人には人のペースというものがあって
それぞれ成長スピードも違いまし、
長所も人それぞれです。

字がキレイな人もいれば
絵や歌がうまい人もいます。

それを比べようなんて意味がないです。

 

今の例だったら当たり前だろって思うかもしれませんが、
人間関係では
みんなこれと同じことをやってしまっているのです。

あいつコミュ力高いのに俺は・・・とか。

コミュ力は必要ですけど、
比べる必要はないです。

人それぞれですから。

 

周りと比べる時間があったら
自分の長所を伸ばしたり
短所を補ったりして成長していきましょう。

 

ではでは。