ネットビジネス

ゲームってなんであんなにハマるんだろうと小学生の頃を思い出して考えてみた

どうも、タクです。

 

小さい頃を思い返してみると
ゲームめっちゃやってたなって思います。

友達と遊ぶときもゲームして
家帰ってもゲームしてっていう感じで
毎日ゲームしてました笑

たぶんほとんどの人が
小さいときにゲームをやってたと思います。

 

今でもやってる人も多いと思うんですが、
なんでみんなゲームにハマるんだろうと
ちょっと考えてみたんですね。

 

今回はそんな話をしていけたらなと。

世界に入り込んでもらう

ほとんどのゲームって
ゲームの世界観にハマってもらうために
色んな仕掛けをしてます。

 

長くやればやるほどどんどんハマっていって
新しいソフトが出たら買ったり
グッズを買ったりする人も出てきて
売り上げが上がっていきますよね。

売る側としてはゲームを長くやってほしいわけです。

 

だから、ゲームを長くやってもらうために
仕掛けをしてるわけです。

 

じゃあ、ゲームにはまってもらうには
どうすればいいかって言うと、
「小さな成功体験を積む」ことです。

 

ほとんどのゲームって
最初にチュートリアルってありますよね。

 

基本的な操作とか使い方とか
ゲームの楽しみ方っていうのを
最初に教えてもらいますよね。

チュートリアルをすることで
敵を倒したり新しい街に行ったりして
少しずつできることが増えていきます。

 

例えば、ポケモンなら
モンスターボールでポケモンを捕まえるとか
秘伝マシンで「いわくだき」を覚えて
最初は行けなかった道に行けるようになったりしますよね。

 

こういう風に、
出来なかったことができるようになる
っていうのを何回も繰り返すことで
どんどんゲームの世界観にハマっていきます。

 

人って、
・出来ないをできうようにする
ということにすごく達成感を感じます。

そこで楽しさとかもっとやりたいっていう感情が生まれていきます。

 

だから、最初は小さな壁をたくさん用意して
それを順番に乗り越えさせてあげると
どんどんハマっていくわけです。

 

小さな壁→乗り越えてもらう→小さな成功体験を積む

この流れを作ることが大事です。

 

で、これをうまくやってるのがチュートリアルです。

 

チュートリアルをやると
だいたいそのゲームの世界観にハマって
ずっとやり続けてくれるので、
あとは「大きな目標」を提示してあげることです。

 

・ジムバッジを全部集める
・四天王を倒して殿堂入りする
・ポケモン図鑑を完成させる

っていう感じで目標を与えてあげると
それに向かっていってくれます。

 

 

ちょっとまとめると、
ゲームにハマってもらうには

最初に小さな成功体験を積んでもらう
大きな目標を与える

この2つが大事かなと。

 

 

この方法はちゃんとビジネスにも当てはまるんですね。

 

例えば、
ダイエット系の発信をいてるなら
いきなり10キロ痩せるってなると難しいので、
まずは1キロ簡単に痩せる方法を教えてあげて
それを実行してもらうことで実際に1キロ痩せれば
「あ、もしかしたら行けるかも」
って思ってもらえるんですね。

この人についていけばいけるかも
って思ってもらうことで、
何か商品をオファーすれば売れるし
企画を打てば参加してくれるようになるんですね。

 

1キロ痩せること(小さな壁)を言って
その壁を乗り越える方法を提示して
実際に1キロ痩せてもらう。(小さな成功体験)

そして次に、10キロ痩せよう(大きな目標)って言えば
ついてきてくれます。

 

ビジネス系の発信をしてるなら、
最初から月収50万稼ごうと言っても厳しいので
まずは3万円を簡単に稼いでみようという風に言うんですよね。

ビジネスでもこうやって
小さな成功体験を積んでもらうことがとても大事です。

 

こういう感じでやれば、
けっこう上手くと思います。

 

 

これを上手い人がやれば
気付かないうちにファンになったり
あなたについていきます!
っていう人が出てきたりします。

 

 

今回は、
小さな成功体験を積む
大きな目標を与える
これを覚えてもらえたらなと思います。

 

ではでは。