大学生活

大学の期末レポートが余裕だった話

どうも、タクです。

 

コロナの影響で、
僕の大学ではオンライン授業が導入されるみたいです。

オンラインでできるなら
最初からそれにすれば大学に行く手間が省けるのに!
と思っちゃいいました笑

僕は毎日2時間かけて大学に行ってるのでわりと大変です。

往復4時間ですよ。

今は実家で暮らしてるんですが、
1人暮らしも考えようかなと思ってます。

 

それでは、本題に入っていきます!

期末レポートが余裕だった話

僕は1年の後期の授業は、
期末テストじゃなくて
期末レポートがある授業を多く取りました。

その理由は、
期末レポートの方が楽だなーと思ったからです。

 

こんなこと言うと
怠け者じゃんみたいに思うかもしれませんが、
楽な方を選んだのは
自分のやりたい勉強にもっと時間を使いたかったからです。

大学の講義も、
ちゃんと学べば何か得られることはあると思うけど
それよりもっと学ぶべきことがあるよなぁって思ってます笑

 

まぁその話は置いといて、
僕は期末レポートがある講義をたくさん選んだので
レポートの数が人より多かったと思います。

いくつあったのか忘れました。。

 

それで、期末の時期になって
レポート課題が出されたので
2000文字~3000文字くらいのレポートを
バシバシ書いていったわけです。

そしたらけっこうあっさり
終わっちゃったんですね。

1時間もかかってないです。

講義の内容を全然覚えてなかったので、
復習するのに少し時間はかかりましたけど笑

それでも早い方だと思います。

普通なら早くても3時間とか
長い人だと2日3日かけるみたいです。

 

あれ、もう終わっちゃった。

3000文字ってこんなに短かったっけ。

みたいな感じになって、
けっこうびっくりしました

 

だって、僕は今まで
文書書くのが人より苦手だったし、
読書感想文を書くのにも1週間とか普通にかけてた人間です。

授業で感想を書いて提出みたいなやつも
最後の方まで残っていました。

そんなやつが簡単にレポートを終わらせることができたんです。

 

何でかって言うと、
大学からビジネスを始めて
ブログとかメルマガを書いていったので
文章を書くことに慣れたんです。

僕はビジネス始めてから
ほぼ毎日文章を書いてます。

1日1000文字とか2000文字とか普通に書いてるので、
3000文字書くのも余裕になってました。

レポートって
「講義の内容+自分の意見」を入れればいいので
パパパーっと書いたらすぐに終わりました。

 

ビジネスをやっていくうちに
ライティング力が鍛えられたなぁと感じましたね。

苦手なものでもやり続ければできるようになる

さきほども言った通り、
僕はもともと文章がまったく書けない人間でした。

ほんとに文章を書くのはめちゃくちゃ苦手で、
何かいたらいいかわからなかったです。

起承転結とか言われても
知らねーよという感じでした。

 

それでも、
ブログやメルマガで
毎日文書を書き続けていったら
やっぱりできるようになったんです。

今では文章を書くのが得意になりました。

 

苦手なことでもやり続ければできるようになります。

・文書を書くのが苦手
・しゃべるのが苦手
・勉強が苦手
・スポーツが苦手

人間何かしら苦手なものはあると思います。

でも、それをやり続ければ
いつかできるようになります。

 

苦手なものになると、
絶対できないというマインドブロックがかかることが多いです。

ほんとは苦手じゃないかもしれないのに
自分の思い込みでこれは無理だと決めつけてしまう。

 

まずはこのマインドブロックを
外すことから始めるといいと思います。

俺って意外とできるんじゃね?
っていう感じでやってみればうまくいったりする場合もあります。

当たり前の基準を上げる

もう1つ重要なポイントは、
当たり前の基準を上げるです。

 

これって難しそう
ちょっとハードル高いなって思うことってよくあると思います。

それこそレポート書くとか
あとは、大勢の前に立って自分が講義をするとか。

一見ハードル高そうに思うのは、
当たり前の基準が低いからです。

 

文章をたくさん書いてれば
レポートを書くのなんて何でもないです。

大勢の前に立って講義をするのも
最初は怖いかもしれないんですが、
何回もやってれば当たり前になってきます。

 

そういう感じで、
色んな当たり前の基準を上げていけば
できることがどんどん増えていきます。

そうすれば、
レベルの高い人間になれて
周りからの信頼もかなり上がっていくと思います。

 

僕もどんどん当たり前の基準を上げていこうと思います!

 

それでは。