マインド

「幸せ七変化」には人生の本質が詰まってるなぁという話

どうも、タクです。

 

幸せ七変化って言葉聞いたことありますか?
(幸せ八変化とも言うみたいです)

 

どういうものかって言うと、
変化が7回連なって
その結果、人生が変わるよというものです。

 

その7回の変化を書いてみると、

自分が変われば相手が変わる
相手が変われば心が変わる
心が変われば言葉が変わる
言葉が変われば態度が変わる
態度が変われば習慣が変わる
習慣が変われば運が変わる
運が変われば人生が変わる

という感じですね。

 

僕はこの言葉を
中1のときに初めて聞いたんですけど、
そのときは意味とかあまりよくわかってなかったです。

でも、今考えてみると
ものすごく大事なことを言ってるなって思います。

 

人生においての本質が詰まってるなぁと。

 

そんな話をしていきます。

自分が変わることから始まる

このしあわせ七変化は
自分が変わることから始まります。

 

ということは、
自分が変わらない限り
幸せになる変化は起こらないということです。

 

ちょっと人にいじわるする癖がある
だらしないところがある
仕事がうまくできない
ネガティブになることが多い

そういった自分の悪いところや
悪い習慣、癖とかいっぱいあると思います。

 

特に、人間関係での
自分の弱さだったり足りないところを
変えていくことが大事です。

 

例えば、嫌いな人って
誰しも1人くらいはいると思います。

この人が悪いから
この人があれをしてきたから
自分はこの人が嫌いだ。

嫌いな人ってそうやってできていくように思えますが、
実は、自分が悪い部分も少なからずあります。

 

確かに、悪いことをした相手がもちろんだめなんですが、
それを許容できなかった自分にも
反省すべきところがあるはずです。

 

例えば、
何かすごく良いことがあったら
テンション高くなりますよね。

自分のなかのエネルギーが
ものすごく高い状態です。

 

そんなときに、
誰かにちょっと嫌なことをされたとしても
別にそんなに気にしませんよね。

あ、別にいいすよってなると思います。

 

それは何でかって言うと、
エネルギーが高い状態だから許せるんです。

 

じゃあ、もし落ち込むようなことがあって
エネルギーが下がっていたら、
ちょっとしたことでイライラするし
すぐにケンカをしたりしてしまいます。

自分のエネルギーの高さで
自分の気持ちが変わるわけです。

 

話を戻すと、
嫌いな人ができるということは
自分のエネルギーが低い状態だからです。

だから、エネルギーを高めるようと努力していれば
少し嫌なことをされても許せる自分になれるんですよね。

 

僕も、大学でちょっと嫌だなーと思う人がいて、
いつもは距離を置いてたんですよね。

で、この前その人からLINEがきて、
ちょっとここ教えてくれない?って言われて
たぶんいつもだったら、
教えはするけど適当に流していました。

でも、そのときはエネルギーが高かったから、
自分から電話に誘って丁寧に教えたんですよね。

 

 

自分のエネルギーを高めておけば
人間関係も大きく変わるはずです。

周りからは、
この人器広いなーと思わるし
レベルアップした自分になれます。

 

これが、自分が変わることなのかなと思います。

まぁ、1つの例ですけどね。

 

自分が心の広い対応を取れば、
必ず相手の心に響いて
相手も変わらざるを得ません。

自分の心も寛大になるし、
相手の心も広くなっていきます。

言葉の力。言霊の日本

心が変わると、
次は言葉が変わっていきます。

 

広い心を持てば、
言葉も自然とポジティブになるし、
悪口とかいうこともなくなっていきます。

 

言葉の力ってものすごく強くて、
言葉が僕たちを作ってるんですよね。

 

例えば、肩こりっていう言葉があります。

年齢を重ねていくうちになりやすくなるやつです。

日本人ならほとんどの人が知っているし、
肩こりになる人は多いです。

 

でも、海外の人って肩こりにならないです。

何でかと言うと、
肩こりという言葉すらないからです。

肩こりという言葉がないから
肩こりにならないんです。

 

 

こんな風に、
言葉が人間に与える影響って
かなり大きいんですよね。

 

ネガティブな言葉を聞き続ければ
どんどんネガティブになっていくし、
ポジティブな言葉を聞き続ければ
ポジティブになっていくわけです。

 

だから、言葉を変えるだけで
色々と変化が起こっていきます

言葉が変われば態度も変わります。

習慣を作ることがめちゃくちゃ大事

習慣の力ってえげつないです。

多くの人は、
習慣が作れないからうまくいきません。

 

例えば、毎日筋トレをすれば
腹筋が割れていきますよね。

これを、1週間だけしかやってないとか、
1日にたくさんやるけど月1回だけしかやらないとかだと
ほとんど効果はないです。

 

毎日10分でもいいから継続してやることが大事です。

 

習慣を作れば、
腹筋が割れるのと同じように
必ず変化が起こります。

良い習慣を作れば
それだけ良いことが起こります。

 

例えば、毎朝早起きをする習慣をつけるとか。

いつもは7時に起きてたけど、
6時に起きるようにする。

そうすると、毎日1時間起きてる時間が増えますよね。

 

じゃあ、これを1ヵ月続けたら
30時間になります。

1年続得ると365時間増えることにります。

365時間を日にすると15日です。

 

その時間を勉強に使うとか
自分の成長に使っていけば、
簡単に変われると思いませんか?

人生すら変えることができると思います。

 

習慣のパワーは甘く見ることはできないです。

 

逆に、悪い習慣を作ってしまうと
どんどんどんどん悪い方向にいきます。

ネガティブパワーが溜まっていき、
不健康になり、
寿命も縮まるなんてことにもなります。

 

うまく使えばすごい良いことが起こるけど、
使い方を間違えると危険です。

運は貯められる

運って人間には見えないし、
すごくあいまいなものなので
あると思う人もいれば、
ないって思う人もいるのかなと。

現実主義みたいな人は
そんなもんあるかー!実力じゃー!
って言うかもしれませんね笑

 

でも、僕は実際にあると思います。

というより、
あると思ったほうが都合がいいよね、って思ってます。

 

けっこうこういう考えって大事だと思います。

あるかどうかわからないけど、
あったほうがなんかいいよね。

 

現実だけを見てる人でも、
たまに現実ではありえないようなことを
成し遂げる人って見たことあるんじゃないでしょうか。

こんなのありえねぇだろって思うけど、
どこかでこいつは何か持ってるのかなと思ったりもするわけです。

 

人は、現実ではありえないようなことが起こったときに
神の導きだったり、
見えない力を信じるものです。

 

この見えない力が「運」だったりします。

これを信じられない人は、
現実から答えを探そうとするけど
結局見つからずに終わってしまいます。

自分とその人の間に圧倒的な差ができたのを
自分の力がなかったからだと思うかもしれないですね。

 

でも、実際はその人には
運があったからうまくいったんです。

そうしたほうが都合がいいし、
色々と説明がつくわけです。

 

 

じゃあ、この運を貯めるってことなんですけど、
これは見えない力を貯める感覚です。

 

誰かに良いことをした
世の中のために役に立った
誰にも見られてないところで何かに貢献した

こういったことをすることで、
「徳」が貯まっていきます。

これも見えない力ですよね。

 

徳というのは
色んな形で現実に反映されていきます。

人徳という形になって
人望の厚い信頼されるようになったり、
急に何か良いことが起こりだしたりします。

 

何か良いことをしたときに、
見えない力が貯まっていって
それが一定数貯まったら
徳だったり運だったりに変わっていくわけです。

 

これは別に誰かを喜ばせなきゃいけないとかじゃなくて、
自分がこれは世の中の役に立ってるとか
誰かのためになってるって思ってれば十分です。

そしたら見えない力がどんどん貯まっていきます。

 

僕が今こうして書いてるブログも
誰かのためになってると思って書いてます。

 

で、この運を貯めるのに
習慣を作るのが一番いいわけです。

何か良いことをする、という習慣です。

 

そうすれば、運が貯まっていって
それを使って人生は変わるよね、という話です。

人生を変えるのはそんなに難しくない

僕はビジネスを始めて
かなり人生は変わったんですが、
思い返してみると
これらのステップを踏んでたなぁと思いました。

夢中でやってたので
やってるときは全然気づかなかったんですけどね

 

この中で特に大事だと思うのは、
習慣を作ることです。

僕はビジネスをやるために
毎日勉強する習慣を付けたし
遊ぶ時間を減らして作業する時間もたくさん取りました。

この習慣をつけたから
うまくいってるんだと思います。

 

7つもステップがあると
ちょっとめんどくさいと思うんで、
習慣を作ることをやってみたらいいんじゃないかなと思います。

習慣を作っていく過程で、
その他のステップも自然と踏むことになるはずです。

 

習慣さえ作ってしまえば、
けっこう変わってくるし
人生を変えるのもわりと簡単にできてしまいます。

 

 

ということで、
長くなったんですが
これで幸せ七変化の話を終わろうと思います。

 

これを読んでいただいた方には
幸せな人生を送ってもらえたらなと。

 

それでは。