ブログ

20歳までで人生の半分の体感時間を過ごしてるって本当なのか

こんにちは、タクです。

 

人生80年と言われていますよね。

科学技術の発展とかで
寿命はもっと増えていくかもしれませんが。

 

この80年とか聞いて、
うわ、長いなーって思っていませんでしたか?

僕もずっとそう思ってました。

80年とかいつ終わるんだよ
ちょっと考えられないわって。

 

でも、最近
人生は思ってたより短いんだ
と思うようになりました。

人生でできることって
少ないんだなぁと。

だから、
限られた時間を
有効に使いたいと強く思いました。

20歳までの体感時間は人生の半分

この言葉はけっこう聞きます。

歳を取るにつれて
体感時間は早くなって
一年はあっという間に過ぎるそうです。

 

僕はこれを知ったとき
20歳になったらもう人生の半分なの!?
短すぎじゃね!?
って思いました。

 

僕は、小学生のとき
夏休みが終わって次の夏休みまでが
ものすごく遅く感じました。

でも、最近は
確かに一年が過ぎるのが早く感じます。

 

体感時間が短くなる理由は、
日々の刺激が少なくなるからだそうです。

 

毎日学校に行って
会社に行って
家に帰ったら
テレビ見ながらゴロゴロして、

という風に
同じ生活を繰り返していくと
刺激が少なくなります。

生活に慣れがでてくることが
体感時間が短くなる原因だと思います。

刺激を増やせば体感時間は長くなる

でも、僕が思うのは
日々の生活に刺激を増やしていけば、
体感時間は長くなるよねってことです。

 

じゃあ、刺激を増やすためにはどうすればいいのか。

 

新しい環境に飛び込むことだと思います。

例えば、
進学、引っ越し、旅行、就職…

あとは、
普段関わらないような人と付き合ってみたり
新しい趣味を見つけてみたり
色んなことに挑戦してみるとか。

 

新しいことをするって
刺激がたくさんあるしワクワクします。

 

僕は今、
ネットビジネスに挑戦していますが
毎日のように刺激を受けています。

新しい勉強をして
知識やスキルを身に付けていくと
すごく楽しいし自分の力が上がっていくのがうれしいです。

 

ネットビジネスを始める前より
とても刺激的な毎日を過ごしてます。

 

そうすると、
やっぱり時間が長く感じています。

もう一ヵ月くらい経った気分なのに
まだ2週間しか経ってなくて
「あれ、一ヵ月ってこんなに長かったっけ」
と思うようになりました。

 

あ、あとはあれですね。

時間は有限ということを知ったので
時間を大事に使うようになりました。

 

前までは
時間なんていくらでもあると勘違いしていいて
ダラダラ過ごしていたんですけど、
やりたいことが見つかると
時間が短く思えてきます。

自分が熱中できるものを見つけると
時間の大切さがわかって
時間を無駄にしないように心がけるようになります。

 

何もしないでぐだぐだしてるときって
時間が過ぎるのがあっという間だし
自己嫌悪に陥ります。

こんなことしてて大丈夫なのかな…
今日何もやってないわ…

この状態だと、
精神的にもストレスがかかります。

 

それよりも
色んなことに挑戦したり
熱中できるものを見つけたりしたほうが
充実するし時間を大切に使えて
楽しい毎日が過ごせると思います。

 

そうやっていけば、
20歳までの体感時間は人生の半分
ということにはならないのかなと。