スキル

トーク力を上げるためには”ネタ”を増やすことだけを考えればいい

どうも、タクです。

 

トーク力って、
仕事をするときも
友達といるときも
家族と過ごすときも
どんなときでも必要なスキルですよね。

 

話が面白ければ、
上司に可愛がられるし
友達もたくさん集まってくるし
家族もにぎやかになります。

生きていく上では
かなり重要なスキルだと思います。

 

だけど、
トーク力がある人ってあまりいないし
苦手な人が多いです。

 

というか、僕も苦手です。

まず人としゃべるのが全然できなかったので、
トーク力以前の問題でしたね笑

 

でも、今はけっこうしゃべれるようになって
ビジネスとかもできるくらいには良くなりました。

まだまだ上手くはないですけどね。

 

で、僕はトーク力を上げようと思って
ビジネスを始めたわけじゃないんですが、
ビジネスをやったおかげでトーク力が上がっていきました。

これ何でかなーってかんがえてみたところ、
なるほど、そういうことか。
だからトーク力が上がったのか。
というのがわかってきたんですね。

 

それを今回お伝えしていきたいなと。

話すネタを増やす

トーク力を上げるためにすることは1つだけです。

話すネタを増やすことです。

 

聞き上手になれ
会話のキャッチボールだ
色んな人と話していけばいずれ良くなるとか
そういったアドバイスをよく聞くんですけど、
そういう話ではありません。

というか、
それがうまくできないから悩んでるんだよ!!
っていう感じです。

そんなこと言われても、
話すのが苦手な人には無理な話です。

 

 

そんな頑張ればいけるみたいなことじゃなくて、
根本的な部分が原因なんです。

話す内容がないから話せないわけです。

 

トークが苦手という人は
話すことがないから何を話せばいいのかわからなくなるし、
知らない話になったら会話についていけなくなったりします。

 

よく、漫画とかで
オタクでコミュ障みたいな人が
ゲームのことになったらめちゃくちゃ喋る、
みたいなシーンあると思うんですけど
普段喋らないけど自分が詳しい話になったら喋れるんです。

 

話すネタさえあればトーク力は上がるのです。

会話のキャッチボールが…という話もあるんですが、
まずその前に人に話せるだけの知識を付ける必要があります。

 

だから、色んな知識を身に付けたり
色んな経験をすることで、
話すネタが増えていくから
トーク力が上がっていくんです。

 

 

僕も、ビジネスをやって知識をたくさん身に付けたし
色んな経験をしたからトーク力が上がっていきました。

あと、話すネタがたくさんあると
それを人に話したいって思うようになります。

それでどんどんおしゃべり好きになって
話すのもうまくなっていくし、
自分に自信も付いてきます。

 

そんな感じで、
トーク力を上げるには話すネタを増やすのが1番効果的です。

会話のキャッチボールとかそういうのは
テクニック的な部分です。

 

それよりも、まずは
本質的な「話すネタがある」という状態を
作っていくことが大事です。

テクニックはその後です。

 

基本や本質を無視して
テクニックばかり求めても絶対にうまくいきません。

すべてのことに対して
これの本質って何だろうということを考えて行動していくと、
上達も早いしすぐにマスターできてしまいます。

 

 

ネタができたら、
次は実際にたくさん話していけば
どんどんトーク力は上がっていきます。

 

最終的には実践をしていかなきゃですけどね。

 

それでは!