ネットビジネス

その知識は、どんな図形をしていますか?

どうも、タクです。

 

ビジネスをやっていく上では、
”知識”ってとっっても大事ですよね。

 

お金を稼ぐ方法を知らなければ
お金を稼ぐことはできないし、

正しいマインドや思考法を知らなければ
稼ぐ方法を知っていたとしてもうまくできません。

 

知識があるからこそ、
僕らはビジネスで稼ぐことができるわけですね。

 

だから、多くの人は知識を学んでいきます。

知識を学べば学ぶほど、
色んなことができるようになって
時間やお金に余裕が生まれてきます。

 

そうすると、
もっと自分の好きなことに時間を使えて
何かを我慢して生きることは少なくなっていきます。

 

まるで、ドラえもんのひみつ道具を1個ずつ手に入れていくように
生活が楽に、便利に、快適になっていくわけです。

知識を学び、実践して、使いこなせるようになったら、
「テッテレ~!」という効果音が鳴って
便利なアイテムをゲットできます。

 

 

でも、じゃあ

僕らは何ために知識を学ぶの?

っていうことは
ちゃんと考えておく必要があります。

 

ドラえもんのひみつ道具だって、
使い方や目的をちゃんと理解しておかないと
逆効果になって
生活が良くなるどころか、ひどくなってしまいます。

(よく、のび太がそれで失敗してますよね笑)

 

同じ知識であっても、
使い方や目的が変わるだけで
全然違ったものになるのが、知識です。

 

 

じゃあ、

僕らは何のために知識を学ぶのか?

 

 

たぶん、ビジネスをやってる多くの人は、

お金を稼ぐため
自由な時間を増やすため

みたいな理由がほとんどだと思います。

 

そりゃそうですよね。

ビジネスやってるんだから、
お金を稼ぎたいし
自由な時間ほしいって思いますよ。

 

それは、ぜんっぜん正しいことです。

 

あと、あるとしたら

自分の成長とか
人や世の中に貢献するため

みたいな理由もあると思います。

 

素晴らしい考えですね。

 

 

そんな感じで、
いろーんな人がいて
それぞれに目的があって知識を学んでいきます。

 

そのなかで、やっぱり差が生まれるわけです。

知識を学んでも、全然身に付かず
現状があまり変わっていない人。

同じ知識を学んだのに、
ぐんぐん伸びて今を変えていく人。

 

学校のテストでも、
同じものを同じ量勉強しても
点数が良い人悪い人がわかれます。

ビジネスも、同じ知識を学んでも
成功する人、失敗する人がいます。

 

この差って何?って言うと、

”知識をより大きな視点で捉えられてるかどうか”

が関わってきます。

 

学校の勉強をしてて、
数学の公式を習ったときに

「あ、これが新しい公式なんだー」
って思うだけの人と、

「あ、この公式って前習ったやつに似てるな。
この公式とあれはどういう関係性があるんだろう。
これとこれを組み合わせればもっと楽に計算できるな。」
って考える人とでは
全然知識の吸収率が違いますよね。

 

数学の公式をただの暗記物として見るのか、
他のものとの関係性や組み合わせまで見るのか、

より大きな視点で捉えてるのは後者ですよね。

 

1つの公式を学ぶだけでも、
後者のほうがより多くの学びを得られているのです。

 

 

ビジネスでも、

学んだ知識をそのまま頭に入れるのか

他の知識と結び付けたり
自分の経験と絡めてみたりして
濃い学びにしていくのか

 

とでは、成長速度がまるで違います。

 

 

知識を表面的に見るのではなくて、
知識のその裏にある”見えないつながり”まで
読み取っていくことが大切なんです。

 

知識を正面から見ただけでは、
正面の部分しか知ることができます。

それは、全体の一部分にしかすぎないんです。

 

知識は、横から見ることもできるし、
上からも下からも後ろからも見ることができます。

知識は、平面じゃなくて、立体です。

 

人間も、時と場合によって
色んな顔を持ちますよね。

 

家族といるときの自分
友達といるとき、仕事場、学校、バイト先、、、

僕らはそれぞれの場所で違う自分を見せます。

 

その人の一面だけを見て、
人を判断することはできませんよね。

 

 

知識も同じで、
見る角度を変えてみたり
見る場所を変えてみたりすることで、
また違った一面を知ることができます。

一部分だけを見て理解したつもりになっていても、
本当はまだまだ見えてない部分があるんです。

 

だから、

こういう風に考えてみたらどうだろう?
こうしたら違う学びが得られるんじゃないか?

っていう風に、
より大きな視点を持って考えていくことが大切なんです。

 

知識は学んで終わりじゃなくて、
”学んでからが勝負”ってことですね。

そこからどう発展させていけるか、
どう大きくしていけるかがポイントです。

 

 

じゃあ、目的の話になっていくんですが、
知識を学ぶ目的っていうのは
いわば”知識の図形を決めるもの”です。

 

どういうことかって言うと、

例えば、ビジネスを学ぶ目的が
「人を騙してでもお金がほしい」だったら、
他人のことなんか一切考えずに
私利私欲だけで稼ぐ方法を学んでいくはずです。

 

そうすると、稼ぐ知識を学んでも
「稼ぐ方法」しか学べません。

 

 

今度は、
「自分もお金はほしいけど、みんなも幸せになってほしい」
っていう目的を持っている人だったら、

同じ知識を学んでも
「稼ぐ方法」と「人を幸せにする方法」が学べます。

 

さらに、
「ビジネスだけじゃなくて、人生にも学びをつなげたい」
って思っている人がいたら、

ビジネスの知識が、日常の生活の幸福度を上げる知識にもなります。

 

 

そういう風に、
より”高次な目的”を持てば持つほど
知識の面は増えていきます。

 

最初は自分の事しか考えてなかったのが
他人のことまで考えられるようになったり、
ビジネス以外にも学びをつなげられるようになったりしていきます。

 

そうすると、
最初は平面な図形で正面から見ることができなかったのが
立体になって色んな角度から見えるようになって、
そこからまたどんどん面を増やしていくのです。

 

 

そして、最終的には
1つの学びが人生すべてにつながるようになります。

 

ビジネスでの学びが、
人間関係にも、日常にも、スポーツにも、将棋にもつながり、
また、他での学びがビジネスにつながり・・・

網のように、色んなものがつながっていくのです。

 

ビジネスで学んだことが、
日常の思わぬところでも役に立って
幸せな気分になれることもたくさんあります。

 

 

だから、知識を学ぶっていうこと自体が
すごく大切なことで
学ぶ目的をしっかり考える必要があります。

 

知識を、自分だけのための学びになるのは
すごくもったいないし、
ビジネスだけの学びになってしまうのももったいです。

 

もっともっと、知識の面を増やしいったら、
知識を学んで得られる効果は格段に上がります。

もっと幸せになることもできます。

 

だから、知識を自分の子供のように
大事に大事にしてあげましょう。

 

 

 

あなたが学んでいる、

その知識は、どんな図形をしていますか?

 

 

それでは~。

大切なお手紙があります。




僕は、これまでずっと
不安を抱えながら生きてきました。




もともと、何もできない人間で
いつも周りから冷たい目で見られていました。


自分に自信がなく、コンプレックが目立ち、
日々劣等感を感じながら生きてきました。



それは、ビジネスを始めてからも同じでした。

ビジネスをやっても失敗ばかりだったし、
少し稼げるようになっても
一向に人生は良くなりませんでした。



やっぱり僕はだめな人間なのかな・・・


そう諦めそうになったときもありました。


でも、今ならその原因がわかります。



僕は、自分とちゃんと向き合ってなかったのです。

苦手なことを避け、
向き合うべきものを見ないふりをして。

良さげな部分ばかりを見て
勝手に自己満足して。


そんな、逃げてばかりの人生では
良いことは起こりませんでした。



そこに気付き、
僕は1からビジネスをやり直すことにしました。


自分の弱さと向き合い、
人生をより良くするために今走ってます。



そんな僕の成長の軌跡や
そこで培った経験や知識を無料で学べる
公式LINEを始めました。



ビジネスのノウハウはもちろん、
読むだけで人生を深められるような発信をしていきたいと思ってます。


興味があれば、ぜひ登録してみたください



公式LINEはこちらから↓


タクの公式LINEを追加する