ブログ

歴史を学ぶことの本当の意味。僕は歴史が嫌いだったけどこれを知って好きになった

どうも、タクです。

 

歴史って嫌いですかね。

苦手っていう人も多いと思います。

僕はほんと最近まで
歴史が嫌いだったんですけど、
ちょっと歴史を学ぶ機会があって
そしたら歴史が好きになっちゃいました。

 

で、今回は
歴史を学ぶ本当の意味ということで
色々お話していきたいと思います。

歴史を学ぶ意味を知ると
歴史を知るのがどんどん楽しくなっていくはずです。

歴史を学ぶ本当の意味

まず、学校で習うような
年号とか出来事の名前とか
そんなのは覚えても全然役に立ちません。

歴史が嫌いっていう人は
覚えるのが嫌だから嫌いなんだと思います。

僕も、覚えるのが嫌で
歴史が嫌いって思ってました。

歴史のストーリーを学ぶ

でも、実際に歴史を学ぶときに大事なのは
ストーリーの部分です。

どうして戦争が起こったのか
反乱が起こった理由とか
どういう風に人々の不満がたまって
それが爆発していったのかとか。

あとは、
昔の人たちはどういう生き方をしてきたのか
何を思って政策を打ったのか
日本人はどんな心を持っていたのかみたいな
人の生き方からも学べることがたくさんあります。

 

そういうことを知ることで、
同じ過ちを犯さないようにしよう
尊敬できる部分は真似しようっていう風に思えたり、
この人の生き方素敵だなって人に出会えるかもしれません。

歴史から学ぶことで、
どんどん人生が豊かになっていくんですよね。

視点を身に付ける

それと、もう1つ。

僕はこっちのほうが重要だなと思ってるんですが、
歴史には色んな視点でみることができます。

戦争1つとってみても、
領土の奪い合いだっていう見方もあれば
裏で手を引いてる国があるとか
この戦争は八百長だったとか
っていう風に色んな視点があります。

 

どれが正しいとかじゃなくて、
そういう色んな角度から物事をみれる力が
すごく重要になってくるんです。

これからの情報社会では特に。

 

情報には僕らをだまそうとして
発信されている情報もたくさんあります。

そういう情報にだまされないためにも、
色んな視点で物事をみることが必要です。

それを練習するのに、
歴史がうってつけなんです。

 

歴史も、うその情報が多いし
裏で色んなことが起こっているので
それを洞察する力や
多角的に見る力を養うことができます。

 

そうすれば、今回のコロナ騒動でも
情報に踊らされることなく
自分で正しい判断ができたはずです。

歴史は権力者によって書き換えられるもの

歴史っていうのは
そのときの権力者によって書き換えられるものです。

 

例えば、
反乱が起きてその当時の政府が倒されたとき、
普通に考えたら
反乱を起こした人が悪いってなります。

だって今までは政府が正しいとしてきたのに
それを倒しちゃったんだから、
悪になりますよね。

 

でも、それだと
反乱を起こして新しい政府を作ったとしても
誰からも認めてもらえません。

 

自分達が新しい政府として認めてもらうためには、
前の政府がほんとはひどいやつで
それを僕らが倒してやったんだという
ストーリーを作る必要があります。

政府が悪で自分たちが正義にすることで、
国民から認めてもらうことができるんですよね。

 

それが嘘のストーリーだとしても、
国民を騙せればOKなわけです。

 

そういう感じで、
国のトップが変わるたびに
歴史っていうのは書き換えられてきました。

ようは、自分たちに不都合なことはすべて消すんです。

 

それは、今の政府でも同じことです。

だから、今の学校の教科書で
教えられてる歴史っていうのは
今の政府が作り出したストーリーに過ぎないんです。

 

政府からみた1つの視点なわけです。

それを信じてしまったら、
ほんとうのことが何も見えなくなってしまいます。

歴史の出来事は現実にも起こる

歴史に起こった出来事と同じようなことが
必ず自分の人生で起こります。

規模の大小はあります。

 

さすがに、武器を持って戦争することはないかもしれないけど、
それが友達とのケンカだったり
家族での揉め事だったりっていうのはありますよね。

歴史で起こった戦争と
同じような原因とかストーリーで
身近な問題が起こります。

 

そういうときに
歴史を学んでいれば、
これ言ったら揉めそうだなとか
ここであれをしてしまったから戦争になったんだっけ
っていう風に思って、
事前に問題を回避することができます。

 

よく、歴史は繰り返すという言葉を聞きますが、
それはその通りで、
歴史を学ばないと過ちを繰り返します。

でも、歴史を学んでいれば
過ちに気付いてそれを回避することができるわけです。

情報には必ずと言っていいほど
誰かの意図が含まれている

今日1番伝えたいのは、
何回も言ってるんですが
情報に踊らされない力をつけることです。

 

物事を色んな視点でみれる力
その情報の裏に隠されたものを見抜く洞察力

これがめちゃくちゃ大切です。

 

現に今日本は
外国から洗脳をかけられていたりするし、
「常識」という言葉に執着して
視野が狭くなっている人もたくさんいます。

メディアで発信されている情報にも、
国民をこっちに目を向けたいという意図があったりします。

 

すべてを鵜呑みにしてしまうと
他人に左右され続けて
どんどん搾取される人生になってしまいます。

 

何が正しくて何が間違ってるのかを
自分で情報を集めて
自分で考えて決められることが大事です。

コロナ騒動からわかること

 

例えば、今回のコロナ騒動だってそうですよね。

感染者を出さないために自粛が1ヵ月以上続きました。

それによってコロナで亡くなる人は減ったかもしれません。

 

でも、その代わりに
コロナ離婚、コロナDV、コロナ鬱っていうのが流行って
ネガティブになって病気になる人が出てきたし、
経済が止まったことで
貯金がなくなり生きていけなくなって、
自殺する人が出てくるはずです。

毎年、日本では1万人くらい自殺する人がいるんですが、
自粛を行ったことで
自殺者の数が数万人単位で増える可能性があるそうです。

 

亡くなる人を減らすために行った自粛のせいで、
逆に死者数が増えることなってしまったりするんです。

 

「感染者での死者」しか考えていなかったせいで、
そういったことが起こるのです。

だから、色んな視点で
一番良い対策を取る必要があるんです。

 

これから、そういうことが起こらないためにも
歴史を学ぶ価値は十分あると思います。

 

僕も、学び続けていきたいと思うので、
また何かあったら発信していきますね。

 

 

あ、あと
歴史についてもう1つ記事書いたので、
こっちもぜひ読んでみてください。

日本人なら日本の歴史くらいは知っておいたほうがいいと本気で思ったどうも、タクです。 今回は、歴史について 詳しく話していきたいと思います。 特に、日本の歴史ですね。 学校で習った歴史だ...

僕らが学校で学んできた歴史だと、
昔の日本人は悪いことばかりしてきた
っていうイメージになると思うんですけど、
本当は違くて
日本人はすごかったんだよってことを話してます。

 

 

それでは。